忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

汀こるもの『完全犯罪研究部』

THANATOSシリーズの刊行が
これから少しゆっくりめになるのかなとか書いたら、
新作来ました。予想外。

表紙からして本格ミステリでなくて
ライトノベル臭がすごくするので、
どうしようかと思ったのですが、

なんとなく習慣で巻末の「参考資料一覧」だけ立ち読みしたら、
買わざるを得なくなったのでした。

そこにあったのは珍しく、たった一冊の書名だけ。



『カルバニア物語』。




いや買うでしょう、買うでしょうそれは。
どういうふうに作中で扱われているのかとドキドキして読んだんですが、

違うよ杉野さんカルバニアはBLじゃないよ主役ふたり女の子じゃないか。
古賀君は「BLを貸してくれ」と言ったのになんでカルバニアなんだ、

長野まゆみ読んでるくせによくわからないとか言わせないぞ――!!

由利先生が「どこがBLだ」と心の中だけとはいえ突っ込んでくれたので、まあいいです。
今はもうまごうことなきBLレーベルだから、
カルバニアの連載当初はBL専門誌じゃなかったんだというのはなかなか通用しないのですね…


というわけで読みました『完全犯罪研究部』

舞台は東京近郊地方都市の高校、語り手は化学教師の由利千早
プライベートでいろいろある由利先生は現在、『推理小説研究部』の顧問。
しかしその実態は、『完全犯罪研究部』。
恐るべき子供たちが、悪人を始末するために日夜調査と会議を続けている…

それもこれも変なスキルと知識を持ったミステリマニアの巣窟に、
「姉を殺した犯人を見つけて復讐したい」杉野と、
「誰でもいいから人を殺したい」古賀が入ってきたから。

はたして由利先生は彼らの暴走を止めることができるのか、
はたして由利先生は道を踏み外さずにいられるのか、
というか由利先生はすでにいろいろと大丈夫なのか、
一体古賀は何者なのか、
杉野の言動はどこまで「本当」なのか。

設定や展開はミステリ風味ですが
最後の犯人当てに必要なデータの出し方がアンフェアなので、
本格ミステリではありません。

夢見がちで暴走しがちな彼らの、ピカレスク…とまではいかない、
いろんな意味で痛い青春群像劇です。


いまどきの青春物語を描くなら外せないのかもしれませんが、
相変わらずネットの流行語満載の「汀節」なので、
THANATOSシリーズとあまり差異なく読み進められるなあと思っていると、

序盤で「立花せいじゅ」の名前が出てきてびっくり。

後半に真樹と月乃が出てきて二度びっくり。

ラストではさらにいろいろびっくり。

「THANATOSじゃないならいいや」と思っている人がいるのなら、
いやダメだ読んでおけ とだけ伝えたい。



以下ネタバレ含みます。








『完全犯罪研究部』に登場するある人物が、
THANATOSでいまだ詳細が語られないある事件の関係者で、
最後にその人から当時の一部の話が聞けます。

そもそもこの話はTHANATOSの『まごころを、君に』の頃の話で、
そちらを読んでいないと理解できない箇所があったりします。

それにしても本シリーズでは悪魔だの冷血だの機械人形だの言われる真樹が、
よその物語では「やさしい人」だと評されているのは泣けてきます(笑)。

というわけでどうしても読後にTHANATOSを精読したくなるつくりなのですが、
そこで名前を思い出し、ああ、なるほどと気がついて、
……いやちょっとまてじゃあ上のってのが例の……新橋の……
……いやじゃあ時系列からいってそのあともご学友って……

……真樹が構わないといえば通るんだろうけれども。


ちらっとゲスト出演レベルの出番で、ものすごい存在感を示す真樹ですが、
THANATOSの人々はもう後戻りの出来ない「本物」で、
『完全犯罪研究部』の面々は後戻りが出来る人々だと思えば、
むしろ真樹の際立ちぶりは物語において「救い」なのでしょう。

ときに逸脱が美に見えても、「普通」が選べるならその方がいい。
カルバニアを読んで古賀が漏らした一言は、己に帰る刃だったんだなあ、と。

THANATOSの読後では味わえない「普通」に着地する安堵感。

『赤の女王の名の下に』の巫女(笑)よりは同情できなくもないけれど、
杉野の中でこのはっちゃけた青春が、
身悶えするほどの恥ずかしい黒歴史になる日はいつかな、と
意地悪く笑うのは、
今、この愚かしくも輝かしい青春の中にいない大人読者の、唯一の特権でしょうか。


さて。


真樹の記憶力はやはりなにか明確な問題がある?
彼自身が自覚してるからデジタルデータに依存しようとするわけだろうし。
美樹と真樹が食い違ったときはメンヘラの方が分が悪いけれど、
実はずっと正しいのは美樹だったのだと、ここで確信することになるとは。

いやもちろん薄々気がついてはいたのですよ。
しかし確信して読み返すと、
『パラダイス・クローズド』
愛について語る美樹の切ないことと言ったら。

ミキちゃんと呼ばれ真樹のただひとりの大事な人として尽くされる、
それをあんなふうに疑うなんてと初読当時はちょっと思ったものですが、

巻数を重ねて、今回の話を考慮に入れ、真樹の記憶に問題があると確信すると。
美樹の不安に同調して、真樹を見てるのが怖くなります。

だってそれなら「ミキちゃん」は瑞樹のことじゃないか。

真樹の失った、あるいは摩り替えた「瑞樹の記憶」が正された時、
立花家の双子はどうなっちゃうのでしょうか。

ストックが尽きたので刊行が遅くなるかもとか言ってる場合じゃない。
早くTHANATOSの続きを読ませてください
と言わざるを得ない。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

拍手

PR

カウンター

プロフィール

HN:たかの
HP:月の屑
性別:
自己紹介:
こよなく漫画を愛する
ひとり暮らしのダメ人間。
こっそり同人活動も
やってたりします。

ブログ内検索

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセス解析

バーコード

フリーエリア